「ガンダムオンライン」の事について、ちまちま書いてます。

久々のドツボ!陸戦型ガンダム(砂漠戦仕様)

f:id:hakugeki:20190730232147p:plain

チクショー!クイックスイッチが欲しかったのに!

リアル引っ越しが忙しくて、今回は全然プレイできませんでした…。

 

もう妥協しよう…。現地改修機体でいいや…。

 

 

さて、引っ越しは来月の頭頃ですが…、ネットの転居手続きと光回線の撤去工事の関係で、8月になってちょっとしたら(曖昧)ネット環境が無くなってしまいます。

こんな時期に限ってプレボ2倍とかアバターチケットイベントやるんだもんなあ…

 

プライベートな話は置いておいて…

公式生放送を見ましたが、F90は面白そうですね。モードチェンジが楽しそうですが、回すかどうかは微妙…。ちょっと様子見します。

今後のガンオンについてもチラッと触れていましたが、陣営統合をする気はないとかなんとか…。その代わりに両軍入り混じったゲームモードを追加して、マッチングのバランスの調整を図るとかなんとか…。

ま…、これは仕方ありませんね。マッチングの健全化を図るには陣営統合しかありませんが、商業的には陣営は絶対に必要な部分…なんでしょう。多分。

 

DPに関しても少しありましたね。

これも少し変えていく程度のようです。今まで高コストに偏重していた高DP武器を、中コス、低コスにも与えるというか「DPをとる武器」「削る武器」を今よりもはっきりと差別化していくようです。

例えばバズーカやマゼラは、N型がDPが高くF型は威力が高いという調整がされています。これは統合整備計画やらなんやらで差別化されたわけですが、一律のざっくり調整しただけなので対象から漏れている武器も結構あるわけです。

その対象になるのが、次回の大型バランス調整で予定されているCBRなりの調整なんでしょう。きっと。

 

実際のところ、どうにも使い所が難しい武器というのはあります。

例えばこれも大型バランス調整の対象のスコープ式ビームキャノンなどですが、マガジン数1、威力6000、DP265では、対空攻撃に使えません。ここまで威力が低いと、内蔵だとしても削り武器にならないでしょう。今やアーマーは4000~5000、シールドはビームコーティング付きでも1500以上の機体が多いのですから。

 

なので「DPをとる武器」「削る武器」のどちらとも言えない「どっちつかずの武器」を調整して、例え極端な性能でも「使える武器」になってくれれば、機体の個性というものも出てくるわけです。

…それにしても、耐久性のインフレも相当ですね。内蔵という点を考慮しても、威力4500を2発発射する腕部グレネードでもパワー不足を感じます。

 

ま…、武器の差がある程度のレベルだったら、自分は機動性の高い機体の方が強いと思いますが…。