「ガンダムオンライン」の事について、ちまちま書いてます。

マシンガンHバラ撒きに適した連邦低~中コスト強襲機

f:id:hakugeki:20181014171434p:plain

アーマーが増加した現在、単体で敵機を倒し切るのは難しいですよね。

格闘は大きいダメージを出せますが、非常にリスキー…

 

中距離火力で安定して火力が出せれば、単体で敵機を撃破できなくても十分に戦えるので、今回はフルオート・マシンガンHを撒くのに適した連邦強襲機をコスト280の中から探して見たいと思います。

 

ジム(指揮官用) コスト240

アーマーはやや薄い印象を受けるが、最高速度はジムⅡと同じMAX1265。陸ガンと同じ最高速度を出せると思うと速い。

 

マシンガンは中威力の90mmジム・マシンガンで、即盾用のバルカンも完備。

f:id:hakugeki:20181105160026p:plain

火力も出せて、コスト240ながら最高速度もあり、使いやすさの面では十分な性能がある。

バズーカ系の武装は装備できないので、空いたスロットにはグレネイド系か格闘を装備させるのが良い(最も他に選択肢は無いが)

グレネイドと格闘は特性で強化できるのも嬉しい。コストも低いので、投擲はモジュールで強化してもいいだろう。

 

格闘は個人的には二刀流よりも一刀がオススメ。このアーマーと速度で、シールドの構えを解くのはオススメできないからだ。

 

ジム・キャノン(WD隊仕様) コスト240

アーマーが高く、足回りがダメなタイプの強襲機。耐久性があるため打たれ強く、射程を確保すれば足回りもある程度はカバーできる。

マシンガンは低威力の100mmマシンガンで、指揮ジムと比べると火力はやや落ちる(マガジン数とリロード性能は勝っているので、一概に上位互換とは言えないが)

f:id:hakugeki:20181105160201p:plain

最大の特徴は内蔵のキャノン系の武装が装備できる事。

旧仕様のマゼラ互換の精密射撃(弾数は減っている)と榴弾が装備でき、バルカンの他に内臓の攻撃手段があるのが嬉しい。

内臓のためシールドを活かしやすく、高いアーマーと合わせて耐久性は高い。

 

最高速度が低すぎるので格闘は向かない。射撃で戦っていこう。

 

局地型ガンダム[OR] コスト260

やはり最高速度の高い機体は素晴らしい。MAX1309は中コストでも破格の高性能である。さらに高機動カスタマイズで+55近い伸びしろがあり、特性レベル5で約1364まで伸ばせる。

耐久性は、シールドは薄めだがアーマーはそれなりにあり、脆さは感じない。

積載がかなり余る機体なので、ちゃんと伸ばせば耐久性と足回りにボーナスが貰えるのもポイント。

 

マシンガンは低威力版互換のMS用マシンガンで、スイッチキーでフルオートと3点を切り替える事ができる。

最高速度が高く格闘も優秀なモーションなので、格闘を振りにいってもいい。グレネイドも威力と範囲が高い高性能版なのが嬉しい。

残念なのは、イベント機なので入手方法が限られている事。早く高機動カスタマイズを5にしたいのだが…。

f:id:hakugeki:20181105160720p:plain

 

ジム・キャノンⅡ コスト280

ジム・キャノンWDと同じ、耐久性はあるが足回りの悪いタイプ。コスト280の強襲機で最高速度はMAX1199はかなり低いが、マシンガンバラ撒き機としては優秀?

アーマーは初期値で3000もあり、最大強化でMAX3450。シールドはビームコーティングされていて、機体は専用モジュールで爆風ダメージを軽減する。

ダウンゲージレベルも2(600/1200)なので、耐久性は高い。

 

マシンガンは高威力のジム・ライフルで、H型でも威力1400と高い。射程も長くなっているのが嬉しいが、リロード性能が低くなっている点には注意。

f:id:hakugeki:20181105160325p:plain

ジム・キャノンWDと同じく、内臓のキャノン系の武装が装備できる。2発動時発射タイプのビーム・キャノンと2点式のビーム・キャノン(ブラスト弾)が最大の特徴。

ビーム・キャノンはDPを奪いやすく、ブラスト弾はダメージをとりやすい。好みで使い分けるのがいいだろう。

f:id:hakugeki:20181105161142p:plain

ジム・キャノンWDと同じく、最高速度が低いため格闘は向かない。内蔵のキャノンとバルカンで、ジム・ライフルHのリロードをフォローして戦おう。

 

ジムⅡ・セミストライカー コスト280

ジム・キャノンⅡには劣るが、それなりに耐久力があって使いやすい。特性のシールドガーダーで、シールド耐久値は+500まで伸ばせる。固い。

ジム・キャノンⅡと比べると、最高速度が高くMAX1308。ブースト容量も高めなので、足回りの性能はかなり良い方。

 

マシンガンも高威力のジム・ライフルで、火力は十分に出せる。ビーム・ライフルも装備できるので、好みで使い分けるのも良いだろう。

武装の選択肢にバズーカ、170mmキャノン、グレネイド、格闘と揃っており、格闘は固有モジュールで強化されている。2段式だが威力が高く、使用している人の評判は良い(らしい)

f:id:hakugeki:20181105160426p:plain

機体性能が良いので、ジム・キャノンⅡよりも使いやすいかもしれない。お好みで。

 

ネモ(ダカール配備機) コスト280

もはや説明不要…。連邦中コスト帯の傑作機である。足回りは良好で、シールド防御しながらマシンガンを撃てる点から、同コスト帯の機体と一線を画する。

特性は悩みどころである…。最高速度が伸ばせる高機動カスタマイズか、シールドの耐久値が上がるシールドガーダーか…。もっとも課金機なので、そうそう厳選できるものではないが…。

f:id:hakugeki:20181105160606p:plain

 

マシンガンは高威力のジム・ライフル。バルカンは発射中にシールド防御できないため、マシンガン1本でいくのならクイックリロードも悪くは無い…?

この機体の170mmキャノンは、なぜか他の機体の物よりDPが低い。ジオンではシャア専用ザクⅡS型も同じ性能。使用率から選んだのだろうか…?

 

以上です。やはり最高速度のある機体が良いですね。

逆に遅めのジム・キャノンWDとジム・キャノンⅡは、内蔵武器でフォローできているのが良いですね。

この辺の長所と短所の関係を考えると、足の遅い機体にはなにか+αになる要素が欲しいと思います。迎撃弾や閃光弾は…陸ガン系と相性が悪いと思いますけど。