「ガンダムオンライン」の事について、ちまちま書いてます。

迫撃技能金をとってみる準備編①

f:id:hakugeki:20180416210900p:plain

迫撃技能金の取得条件は戦闘中の迫撃キル8回。

これを簡単と考えるか難しいと考えるかは人それぞれかと思いますが、正直なところ…

マップや戦況によるとしか言えませんね。ケース・バイ・ケースです。

今回は迫撃技能金を取得するために必要な機体の準備から考えてみたいと思います。

 まずは機体を揃える

迫撃技能金をとるためには当然ながら砲撃機を準備する必要があります。

以前の記事で「2機編成のハイローミックスが良い」と書いた記憶がありますが、これはチャンスを逃さないためと1機は重撃の代用にするためですね。

今回もショップで入手可能な機体(課金機は銀で!)から機体を選定してみたいと思います。

 

連邦

連邦ショップ購入可能機体候補

ガンタンク

ジム・キャノン

量産型ガンタンク

 

ガンタンク

最高クラスの迫撃砲を持ち、榴弾砲の種類も豊富、近接火力が高く自衛能力も高い最高クラスの迫撃機です。

銀設計図では迫撃砲F2とB3を装備できませんが、威力の高いF型は何故か銀設計図限定。範囲の広いW型も装備できるので隙きがありません。

また、迫撃砲の発射間隔が短いという特徴があり、迫撃最大の弱点の発射中に無防備になるというリスクも他機に比べると低い点が特徴です。

注意点はコストが340と重く、撃破されると再出撃までに長い時間を要するという点。

 

ジム・キャノン

こちらは初期機体なのでショップでも安く購入できる他、DXガシャのハズレ枠。GPガシャや戦闘報酬でも(稀に)金設計図が入手できる点が強みです。

砲撃機は特性が重要で、金設計図と銀設計図では迫撃砲の戦果がかなり違ってきます。

ジム・キャノンはコストが低く、またタンクタイプとは違う2足タイプの足回り、内臓のキャノンで重撃の代用品としてデッキに組み込める点が特徴です。

注意点は迫撃砲の性能が低く、タンク系より扱いが難しい点です。

 

量産型ガンタンク

こちらも初期機体なので入手、特性の厳選が容易な点が強みです。

カスタマイズの幅が広い点と榴弾を2種同時装備できる点、迫撃砲榴弾砲の性能が2足タイプの機体よりも高性能な点が強み。

機体コストも最安のコスト200なのでデッキに組み込みやすく、簡単に使い捨てられるのもポイント。

注意点は機動性が低く、取り回しが難しいところです。

 

ジオン

ジオンショップ購入可能機体候補

ギガン銀

ザク・キャノン金

ザクタンク

 

ギガン銀

コンパクトなボディながら高い耐久性、コストも低く、機動性もあるという特殊な機体です。

重撃として運用する人も多い機体ですが、自分は砲撃機としても注目しています。

移動力があり位置取りがしやすく、自衛力もあり前線での砲撃がしやすいという長所があります。

金設計図限定武器も格闘なので、銀設計図で十分砲撃機として使える点も魅力です。

注意点は迫撃砲の性能が2足タイプのため、タンク系ほど火力が無い点にあります。

 

ザク・キャノン金

ジム・キャノンと一緒で設計図の入手が容易で、半重撃として運用できる2足タイプの砲撃機です。

ギガン銀と役割がバッティングしますが、特性の強化が容易な分ザク・キャノンの方が迫撃砲では有利になります。

注意点は宇宙に出られない、バルカン砲がない等、ジム・キャノンよりも使いづらい点です。

 

ザクタンク

こちらも量産型ガンタンクと一緒ですね。ですが、ジオンではガンタンクが無い分、スタンダードな迫撃砲という点ではザクタンク迫撃砲でもトップクラスの性能になります。

迫撃砲を撃つという点ではグリーンマカクのようなコスト上位の機体よりも、特性の強化が容易な分だけ戦果を上げやすい機体でもあります。

注意点はやはり機動性の低さ。

 

初期機体ばかりになりましたが、むしろ初期機体で十分ともいえます。

6号機やザメルは入らないのか?とお思いになられた方もいるかもしれませんが、迫撃砲のキルをとるという点ではスタンダードな迫撃砲の方が良いと思い今回6機選んでみました。

次回は装備選び、特性の厳選という点でこの6機を見てみたいと思います。