「ガンダムオンライン」の事について、ちまちま書いてます。

11月29日ゲームバランスの調整

11月29日定期メンテナンスの実施について - 機動戦士ガンダムオンライン | バンダイナムコオンライン

メンテの予告が遅いのでもしや…と思っていたらきましたね。ゲームバランスの調整が。

とはいえ、今回は機体のパラメーターを弄るのではなく、モジュールやビームコーティングなどについて。さっそく見てみたいと思います。

 

 

1.モジュールの調整と追加

各モジュールの性能が調整されるようです。

防御系モジュール

実弾装甲Ⅰ、Ⅱ

ビーム装甲Ⅰ、Ⅱ

爆発装甲Ⅰ、Ⅱ

水中装甲Ⅰ、Ⅱ

格闘装甲Ⅰ、Ⅱ

各モジュールのⅠとⅡの軽減率が増加するようです。

攻略wikiによりますと

現在のビーム装甲はⅠで4%減、Ⅱで6%減、Ⅲで10%減

となっているそうです。Ⅲが据え置きとなるとⅠで6%減、Ⅱで8%減くらいでしょうか?

スロット当たりの軽減量を考えるとⅡ以降の価値が減る気もしますが。

 

投擲系モジュール

投擲強化Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ

投擲の飛距離が減少するそうです。

これはちょっと困りますね。自分はグレポイでの拠点攻撃はしませんが、投擲強化ⅡでグレFを投げるのに慣れきっているので、Ⅱの飛距離が減少するのは痛いです。

Ⅲの大幅減が予想されますが、Ⅱはどれくらい減少するんですかね…。戦闘用にスロット4つは避けたいのが本音です。

 

切り替え系モジュール

高速切替Ⅱ、Ⅲ

持ち替え時間短縮率が減少されるそうです。

初期ジムとかスロット4なんて安いもんですからね。とはいえ、内臓を持たない重撃などはつらいところ。この辺はどう考えてるんでしょうか?

 

特殊なモジュール

炎上時間軽減

炎上時間効果軽減率が減少するそうです。

てっきり強化されると思ったんですがね?使ったことが無いので、元の効果がどれくらいかは知りませんが…。

大破抑制

今までの「絶対大破しない」から「大破するまでのダメージが上昇」というのになるそうです。

低コストゾンビアタック対策なのでしょうか?意図がよくわからないです。

 

部位防御系モジュール

メインカメラ装甲Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ

背面装甲Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ

効果がアップするそうです。

自分は使ったこと無いです。

 

硬直軽減系モジュール

着地姿勢制御Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ

硬直時間軽減率の効果が増加するようです。

これも使ったことは…大昔にFbにつけてたかもしれないです。

 

さらに新モジュールが追加されるそうです。

新モジュール

スロウ時間軽減

ジ・Oにはいいかも…?タイムを長くする気はありませんが。

スタン時間軽減

スタン攻撃を想定して、このモジュールを装備する事はないと思います。

ジャミング時間軽減

モジュールコンプ勢は是非。

フラッシュ時間軽減

スレイヴ・レイス対策に是非。

高速補給

補給時に弾の回復力がアップするそうです。スロット数と増加量によりますが、ちょっと気になりますね。

 

うーん。モジュールは数値を出してくれないので、なんとも言えません。が、自分はタイムを優先したいので、高コストにはモジュールは極力つけません。投擲強化の減少量だけ気になりますね。

 

2.シールドのビームコーティング軽減率低下

いわゆるビムコ盾のビームダメージ減少率が、50%から25%に減少するそうです。

代わりとしてアーマー値とシールドの耐久値がアップするそうです。

これはどうなんでしょう…?

例えばですが、耐久力1730のサザビーの盾がもし2230になったとしても、威力4400のビーム・ライフルなら

1730の軽減50%で被ダメ220。8発で割れてたのが

2230の軽減25%で被ダメ330。7発で割れてしまいます

ハンマ・ハンマヤクト・ドーガサザビーなど大型の機体には嬉しくない調整なのではないでしょうか?

 

3.シールドに対爆性能を追加

シールドに爆発ダメージ25%軽減の効果を追加。さらに耐久値がアップされるそうです。

対象機は

連邦

ジーライン・アサルトアーマー

ジオン

ギャン、ギャン・エーオース、ガンダム試作2号機

これは純粋に強化ですが、だからといって乗る人が増えるかというと…?

 

4.ビーム・コーティング系固有モジュールの修正

今までアーマーが減ると効果が消えたビーム・コーティング系固有モジュールが永続になり、ダメージの減少率が50%から25%になるそうです。合わせて、アーマーの最大値も上昇されます。

対象機は

連邦

百式百式改、FA-ZZ

ジオン

キュベレイキュベレイMk-Ⅱ(赤)、クィン・マンサ

 

うーん。さっきのサザビーのシールドでの仮定もそうですけど、アーマーがちょっとやそこら上がっただけじゃあ、キュベレイなんてすぐ落ちると思うんですけど。

一律での調整にこだわらずに、もっと柔軟に個別調整してほしいです。

 

5.爆発軽減系固有モジュールの追加

爆発ダメージを軽減する固有モジュールが追加されるそうです。軽減率は25%。

対象機は

連邦

ジム・ストライカー、ジム・ストライカー(ネメシス)、ガンダムNT-1(FA)、装甲強化型ジム

ジオン

ドム、ドム・トローペン、ドム高機動試作機、ドワッジ改、ドライセン

これもどうなんでしょうね。ちょっと嬉しいくらいだと思いますが。FA-ZZが爆風をばら撒いてるところに、ドムで突っ込もうって事ではないと思います。

デザート・ジムはデザート・ザクに合わせて貰えなかったのでしょうが、なんのためのディアクティブアーマーなのか。

 

6.実弾軽減系固有モジュールの追加

実弾ダメージを軽減する固有モジュールが追加されるそうです。軽減率は25%。

対象機は

連邦

パワード・ジムフルアーマーガンダムガンキャノンⅡ、ガンキャノン重装型D、ガンキャノンSML、ガンキャノン重装型、ガンキャノン

ジオン

ゴッグ寒冷地仕様ドム、ペズン・ドワッジ、ルナタンク、ギラ・ドーガ重装型

謎ですね。ガンキャノンはカイ機が入ってませんし。ルナタンクを使っている人はラッキーってくらいかと思います。

 

7.モジュール関連に関する調整

モジュールの装備個数に応じた再出撃時間を増加

低コスゾンビアタック対策なのでしょうか?

ダメージ軽減モジュールの重複時の軽減率の上限を追加

話題になったモジュールとミッションユニットましましジムTBの対策ですね。

ダメージ軽減モジュールの効果が武器系シールド(ジ・Oのサブマニュピレーター)に適用しないよう調整

今まで効果あったんですね。知りませんでした。

 

以上です。疲れました。

なんともチグハグな感じがしますね。一体どのような意見を汲み取って調整を決めたのでしょうか。低コスゾンビアタックの対策は見て取れますが、ビーム・コーティング関連に関してはちょっとわかりません。

ビーム・コーティングが強すぎる!という意見に合わせての調整なのでしょうか?ちょっとわかりません。

固有モジュールに関しても、ちょっと意図が読めません。永続性を持たせるための25%減なのでしょうか。キュベレイは本当にそれでいいと思ったのでしょうか。謎です。

 

それにしても11月最後のメンテ。来週は機体強化率アップのイベントもあります。

もう少しで12月とか1年早いですね。2017年ももう終わりですか。

f:id:hakugeki:20171124193728p:plain

▲他の人と遊び方が違う気がする。累計なので皆さんも挑戦してみてはどうか。