「ガンダムオンライン」「ガンダムジオラマフロント」の事について、ちまちま書いてます。

連邦CBZ重撃を評価する

FAZZが実装され連邦にCBZ重撃が増えましたが、このCBZが…
100%チャージで威力とDP、爆風の倍率が2倍
と強力です。FAアレックスのCBZも同様に2倍と強力ですが、裏を返すと高コスト重撃のCBZはこれくらいの性能があって選択肢に入るレベルとも言えます。
個人的な感想を言わせてもらうなら「チャージを要する爆風武器なのに1.5倍のCBZは爆風が狭すぎる。」という感じです。
重撃BZWの範囲がMAX6400に対して、フルチャージの1.5倍CBZがNで4400、Fで4800と(共に範囲強化MAX)チャージが必要なのに、重撃CBZのNやF並の範囲しかありません。
直撃を狙う武器という事なのでしょうが、チャージの手間を考えると…といった感じですね。
前置きが長くなりましたが、今回は連邦CBZ重撃を見ていきたいと思います。
アトラスガンダムジム・キャノン(NA)は重撃じゃないので今回は除外で!

 

 個人的にCBZ重撃機の評価点は…

・特性「バズーカ爆風拡大」の有無

ロケットシューターより自分はこっち。

・CBZと同距離で戦える武装

CBZ1本だと戦いにくい。

・相手ダウン時に有効な追撃武器

CBZ1本だと倒しきれない。

・自衛に十分な武装

CBZ1本だと戦えない。

と、こんな感じです。味方の援護が主ですが、自分でキルがとれるならとっていきたいですよね。

 

 さて、今回は高コストの重撃から見ていきます。

 

コスト360

 

ガンダムNT-1(FA)

アーマーが高く足回りが悪い。足の遅さは致命的でフルアーマーガンダムレベル。ただしこちらは専用モジュールの効果で転倒が発生しない(ひるみはする)

CBZのチャージ効果倍率が2倍なので、威力やDP、爆風範囲が高い。

CBZと同時に重撃BZが装備できる(しかもFは威力10000)ので、持ち替え時間こそあるが追撃能力は高い。

ビーム・ライフルも装備できるので自衛能力は高いが、やはり足の遅さがネック。

補給路を確保して安全圏でCBZを撃ち込みたい。緊急帰投補助をつけて逃げやすくするのも有りかも。

 

コスト340

 

リック・ディアス

一応CBZはあるが装備する人は少ないだろう。足回りが良く重撃BZFの威力は10000あるので、CBZ機として運用するのは若干もったいない。

CBZ機として運用する場合も装備が若干困りもの。バルカン・ファランクスやビーム・ピストル(2挺)は近接向けの装備だし、トリモチランチャーやビームサーベルはCBZと相性があまり良くない。そして高コストなのに重撃BRが無い。残念。

CBZのチャージ効果倍率は1.5倍。

 

スターク・ジェガン

強襲仕様のブーストタイプはジャンプ効率が良くCBZ機と相性が良い。内臓のロケット系が2種も同時に装備できるため弾幕を張るのに適している。

CBZ機としてはもちろん、ビーム・ライフルに内蔵ロケット2種を装備しても強い。

足回りも良いので、このコスト帯ではCBZ運用に向いている機体。

ただしCBZのチャージ効果倍率は通常の1.5倍。

 

G-3ガンダム

装備できるCBZはCBZ(2挺)のみ。こちらもスターク・ジェガン同様足回りが良い。

ただしアーマーは340の重撃は低め。シールドが装備できるがCBZ2挺のチャージ中はシールドが発動しないので注意が必要だ。

CBZ(2挺)はチャージ効果倍率は2倍のため…

フル改造、フルチャージの場合

威力5500 DP476 爆風5958のCBZを2発発射できる。

追撃にスーパーナパーム(N・F・W)、威力4000の重撃BR、即座にシールドが構えられる内蔵バルカンなどサブ兵装も充実していて、専用モジュールの効果で武器の切り替えも早い。

銀設計図でもCBZ(2挺)が無いだけなので非常に強い。ショップで購入できるので、初心者にもオススメだ。

 

FAZZ

FA-ZZじゃない方の新機体。上の3機と比べると移動力は通常の重撃程度だが、アーマーは高い。機体サイズも大きい。

CBZはチャージ効果倍率2倍なので、威力やDP、爆風範囲が広い。

スターク・ジェガン同様内臓のロケット武器が充実しているので、弾幕を張るのに適している。内蔵ロケットはFA-ZZと同じ3点と8点(性能はかなりデチューンされているが)重撃BZと同等の物が装備できる。

追撃武装が内蔵のためFAアレックスよりも使い勝手が良い。高コスト帯ともなるとコスト差20はバカにならない。両方持ってるなら断然こちらがオススメだ。

 

 コスト320

 

ガンダムEz8(WR装備)

強襲仕様のブーストタイプのCBZ重撃。アーマーも高く、速度もあり、重撃ビーム・ライフルが装備できるのでそれなりに強い。

が、CBZ重撃としては微妙。CBZと合わせて装備する武器にめぼしいものがない。

180mmキャノンは現環境で微妙だし、ECMランチャーは嫌がらせ程度。一応グレネイドも装備できるが、コスト320で投擲モジュールを装備するのはやや重たい。

素直にビーム・ライフルをメインに重撃BZを装備した方がいいだろう。

 

コスト300

 

陸戦型ガンダム(ジムヘッド)

通称ジムヘ。3点式のCBZB3が装備でき、ネットガンも装備できる有名機体。

アーマーと緊急帰投が高く、武装も多彩なので使い勝手が良い。特性にバズーカ爆風拡大があるのも嬉しい。

あえて欠点を上げるとするれば、武装の3枠目か。重撃BRが装備できないためサブ兵装はマシンガンになる。FAはNだけ、3点はN、H、M。単式はN、M、F。これは好みで装備していいだろう。

武装がどれも内蔵ではないため、高速切替を装備したい。コスト300の機体だが、スロット4枠埋めても320と同等の価値はある。

 

コスト280

 

ハイザック

イベント配布で連ジ共通機体。重撃BR(3500)も装備できて、内蔵の6連装ロケット・ランチャーで追撃もできる。

重撃BRとロケット・ランチャーの空き枠にCBZを装備している人も多い。

グレネイドも装備できるので、このコストまでなら投擲強化を装備しても良いかもしれない。

 

ジムⅢ

スターク・ジェガンの簡易版ともいうべき機体。ただし、機体性能はコスト相応なのでスターク・ジェガンのつもりで動かすのは難しい。

内蔵ロケットは2マガジンのセミオートタイプと6点式。追撃性能が高く、重撃BR(3500)も装備できるのでハイザック同様自衛もこなせる。

火力は高いが全体的に機体性能はハイザックに見劣りし、ロケット系を積むと積載がややつらい。

 

ジム改(地上戦仕様)

装備は多彩だが、やや器用貧乏な感がある。フルオートのジム・マシンガンに3点式ジム・ライフル、ビーム・ガンも装備できるのだが、どれも強襲の装備である。

内蔵もバルカンだけなので、武器の切り替えもモジュールで補助したいところ。

ただしモジュールスロットは5と、ハイザックより1少ない。

 

ジム・キャノン(空間突撃仕様)

こちらもどちらかと言うと炸裂+榴弾コンボの方。一応CBZも装備できる。

装備制限のためCBZと炸裂弾が同時に装備できないため、榴弾を使うことになる。

宇宙専用の本機で榴弾となると狭所の場面になりがちなので、榴弾はやや扱いにくい。

G-3ガンダムと同じくシールドが装備でき、内蔵武器も豊富なので瞬時に切り替えやすい。が、そうするとやはり炸裂弾と榴弾の方がメインか。

 

コスト260

 

ザクⅡF2型(重撃装備)

もっとも仕様されているであろうCBZ機。同仕様の機体がジオンにもあるので当然か。

コスト260以下のCBZはF型のチャージ時間が早く、おまけに特性に爆風拡大がある。

デザート・ジムは宇宙で出せないので、コストが20上でも出す機会は多い。シュツルム・ファウストもN・F・Wと3種揃っているのも高評価だ。

モジュールでの強化は少し悩む。爆風制御、クイックチャージ、投擲強化、高速切替、補助弾薬とつけたい物が沢山ある。が、このコストなら回転率も重視したいところ。マップによっては2機編成もありかもしれない。

 

コスト240

 

デザート・ジム

特性にバズーカ爆風拡大のある低コストCBZ機。やはりCBZは爆風が広いほうが良い。

やれる事はほぼザクⅡF2と変わらないが、コストの差でモジュールの強化ができる点が強み。

ジオンはコスト200で同じことができるが、初期ジムと比べたらどちらがいいか考えるまでもない。

 

ネモⅢ

こちらはどちらかというとビーム・ライフル寄り。低コスト版だがビーム・ライフルの火力は初期ジムの物より高く、特性にビームシューターもある。

内臓のビーム・キャノンもロックオン式の3点タイプで1発あたりのDPも高い。

CBZ運用よりは初期ジムのような使い方の方が適任か。

 

コスト220

 

陸戦用ジム

連邦で最低コストでCBZを撃てる機体だが、残念ながら特性のバズーカ爆風拡大は無い。

逆にバズーカ爆風拡大にしないなら、デザート・ジムよりもコストが20低い。使い分けできるように、デザート・ジムと特性が被らないようにしよう。

 

以上、こんなところです。

この記事は何日も前の書きかけの奴をかなり適当に書き加えました。

現在ドラクエプレイ中です。終わったらガンオンに本腰入れよう。