「ガンダムオンライン」「ガンダムジオラマフロント」の事について、ちまちま書いてます。

380の機体がこうなったらいいなあと妄想する

自分はあまり使いませんが、戦場の主役はほぼ380以上の機体です。
というかジ・O
今日の公式放送で色々今後の修正について発表されると思いますが…
自分はLINE?の動画?の視聴環境がないので見れません。
今後のガンオンはどうなってしまうんでしょうか?ちょっと個人的にコスト380の機体にこういう調整があればいいなあというのを書いてみます。個人的に。

 ジ・O

 

これの数で勝負が決まっちゃう機体。もっとも足並みの揃う初動で集団で突撃し、時間合わせでの集まり具合が勝敗のカギを握っている。

これを邪魔するために妨害攻撃や高火力の武器がどんどん登場。マップもジ・Oの突撃を防止するために修正され、そのとばっちりを他の機体が受けています。

まさに戦場の破壊者!コーナリングの貴公子!音速の嵐!

現状もっともメスを入れるべき機体です。両軍共通ですからね。

ただし、かっこよさを損なわずに修正するのは難しそうです。

例えば箱型拠点に攻撃できないように、ジャンプに制限をしたり覚醒D格闘のモーションを変えてしまうのは、また違うと思います。

f:id:hakugeki:20170720152336p:plain

となるとやはり覚醒関連の修正ですかね。アーマー3倍(全快)あたりの修正が妥当だと思います。HPがギリギリ残れば覚醒で9000近くまで上昇するわけですからね。

覚醒時のHP上昇量か、HP全快のどちらかに修正を加えればリスキーだけど爆発力がある機体に落ち着くんじゃないでしょうか?これならかっこよさを損なわないと思います。

 

Zガンダム

 

武装や機体性能は優秀だが、いかんせん数が少ない。というのもやはりジ・Oが強いから。ジ・O2機編成は珍しくなく、デッキの枠がなかなか貰えない。

ジ・Oの爆発力を考えると、ただの360のアップデート機に見えなくもない。

が、Zガンダムには変形があります。活かせるマップは少ないですが、オデッサ鉱山基地なんかはガザCハマーン専用ガザCが出たりするので、やはりコストが重すぎるって事なんでしょうね。

このままZプラスみたいなZより低コストの可変機が出てしまうと、それよりちょっと強い可変機で終わってしまいかねない。まあ、それで問題ないんですけどね。

どう転ぶかはジ・O次第というところでしょうか。

 

百式

 

DP制への移行で必殺の拡散式バズーカでダウンが取りづらくなり、数を減らしてしまった機体。

Z以上に360のアップデート機感が強く、ビームコートこそあるものの装甲が薄く現環境では耐久性に難がある。

開発だよりではショットガン系の武器に修正がくることになっていますが、取扱の難しい武器なので、強すぎず弱すぎずが難しいところです。

いっその事、OPで使用してたメガ・バズーカ・ランチャーでも装備させてみてはどうですかね。おっかなびっくり微修正を続けるよりは、一発屋として見せ場がある方が…?

 

ZZガンダム

 

使ってて一番の不満は移動の遅さ。重撃ならこんなものかと納得したいところですが、フルアーマーZZを見るともうちょっと移動力があると快適ですよね。

変形はおそらく強襲で強化型ダブルゼータが出て、そちらに実装されるのではないかと各所で言われています。が、自分もそうなんじゃないかなと思っています。

武装に関してはメガ・ビームライフルのマガジン数がもうちょっと多ければ、嬉しいですね。でも、それだとちょっと強すぎ?

とりあえず、もう少し移動力があれば十分な強さだと思います。

 

フルアーマーZZガンダム

 

こちらも下方修正筆頭ですが、まあ仕方ないですね。自分は記事でよく爆風を撒き散らしてアシストを稼ぐべしと書いていますが、それにしたってちょっとやりすぎというものです。

この爆風力の高さは非常に危険で、上手く決まるとシャキシャキシャキシャキーンと一射で複数キルがバンバン入るんですよね。これの依存症になっている人も多数いるとかいないとか。用法用量を守って正しく使うべきでしょう。自分もマップによっては使います。

決して不要な機体ではありませんが、多すぎるのも困りもの。クィン・マンサくらいの数まで減ってルナタンクくらいにGブルの数が増えると前線が安定するかも。

どう修正がくるかはわかりませんが、おそらく榴弾でしょうね。威力かDPか爆風か。

リロード関連かマガジン数かもしれませんが、補給不可となると数が減るかもしれませんね。基本、死なない戦い方の機体なので。だとすると飛距離もないかなと思います。

榴弾の装備する価値が下がると、残りの枠はおそらくハイメガか。でもCBR運用だとクィン・マンサの方が快適なんですよね移動が。

 

バウ

 

重撃だが下位コストにガザC、イベント機体のハマーン専用ガザCがいて(連邦の飛べる可変機はZ以外はメタスのみ)さらにショットガン系の使いづらさももろに受けている機体。

武装もハイメガランチャーのような目立った武器もなく、Zよりつらいかも。

これでコスト340あたりにMK-Ⅱ(白)仕様の拡散ビームの量産型バウなんてでてきたら、どうなっちゃうんでしょうか?

新武装としてバウナッター(分離した下半身を飛ばす技)や拡散ビーム砲(収束型)なんか出した方がいいんじゃないんですかね。色変えだけで機体数を増やすのなら。

Zとバウの現状の問題点は変形できるがコストが重すぎる。380を使うならジ・Oの方がいいって事なんでしょうね。360とかだったら全然違うと思います。

 

キュベレイ

 

こちらもショットガン機。機体サイズの大きい機体はDPゲージの総量が増えるという話ですが、ビームコートありMAX3500を超える装甲でもインファイトになれば蜂の巣火だるまになりそうですよね。

武装がほぼほぼ近接よりで、どうしても敵に近づく必要があるのが困りもの。

武装に関して言えばジオンはファンネル機が増えてるので、クィン・マンサキュベレイMk-Ⅱから何個か持ってこれないものですかね。クィン・マンサの展開型とかあると楽しそうだと思うんですが、ちょっと強すぎるかな。

 

ドーベン・ウルフ

 

自分としてはZZよりももっと使いづらい。というのも自分はビームから入りバズーカやハイメガに入りたいからというだけなのですが。

やはりこちらも移動力がもう少しあれば…という感じですね。

ZZも含めてですけど、フルアーマーZZやクィン・マンサに比べると…

ビームコートで耐久力に劣り、移動力で劣り、武装の使い勝手も劣っているんですよね。

もうちょっと同コスト間での調整をですね…。

 

クィン・マンサ

 

この機体も照射式ファンネルが下方修正されるか。まあほぼ必中と言っていいですからね。ロックまではリスキーな面もありますが。

逆に言うとこのレベルじゃないとファンネル系ってあんまり実用性がないと思うんですよね。修正されるとすれば当てやすさでしょうね。でも、そうすると他のファンネルと大差無くなっちゃう気もしますが。さすがに補給不可と射程減はないと思います。

やっぱりゲームシステムとしてファンネル系は難しいですね。運営がかなり慎重になっていると思います。

この機体CBR機としては、フルアーマーZZよりも使いやすいんですよね。速度が乗りやすいせいでしょうか。

 

と、まあこんな感じでしょうか。

まあいろいろ発表される直前にこんな記事書いても仕方ないですね。

それと自分は砲撃(迫撃)以外全然使わないんで、変な事書いてあっても許して下さいね。