「ガンダムオンライン」「ガンダムジオラマフロント」の事について、ちまちま書いてます。

280限定戦に備える!連邦編

前回の記事でジオンの280機体を紹介しましたので、今回は連邦軍
ジオンは特化型の機体が多い反面、バランスのとれた標準的な機体が少ないのと、現環境で主力であるビーム・ライフルの所持率の低さが目立ちました。
さて、連邦はどんな機体がいるのでしょうか?見ていきましょう。

強襲

 

装甲強化型ジム 注目度★★★

最初期に実装されたホバータイプ強襲機。ホバー特有の足の速さが魅力だが、武装が少し物足りない。

ハンド・ビームガン(2挺)はロックオンが最大強化でも甘く、最も高いN型でも840とかなり低いが、連射速度やマガジン火力に優れるので本拠点攻撃に有効。

凸用の機体として十分選択肢に入る。

 

ジム・コマンド 注目度★★★

標準的な連邦強襲機といった機体。機体性能も申し分なく。ビームコーティングシールドに連射性が高いビーム・ガン、高性能なマシンガンを装備できる。

本機も装甲強化型ジムに似た2挺ビーム・ガンを装備できる。これもロックオンなどが甘めだが、拠点攻撃用に装備しても面白いだろう。

特性は装甲強化型ジム共に、制圧強化システムが支援のいない戦場では嬉しい。

 

ジム・コマンド(宇宙戦仕様) 注目度★★★★★

標準的な連邦強襲機といった機体(2機目)宇宙専用機なので、最高速度に補正がかかりMAX1342とコスト360並の機動力がある。

武装もビームコーティングシールドにビーム・ガン、内臓バルカンと無重力下での立体戦では強い。

反面、狭所での戦闘はやや苦手。宇宙での活躍はマップ次第かもしれない。

 

水中型ガンダム(強襲装備) 注目度★★★★★

海の悪魔その1。重撃タイプと違い、こちらの偏光ビームライフルは標準的なDP。

若干のもろさを感じさせる機体だが、ジオンの水陸両用機はラムズゴックとジュアッグ(砲)のみ。

しかし、ここまで差がつくとかえって水中が重要なマップが配信されない可能性も高い。さらに同軍の場合は、本機や重撃装備をデッキに入れる人の数で勝負に差がついてしまうかもしれない。

 

 ジム・ナイトシーカー 注目度★★★★★

フェンリルザクと同じ唯一のレーダー持ち。低性能なレーダーだが、あるとないとじゃ天地の開きがある。フェンリルザクと比較すると脆さが目立つが、ビーム・ライフルを装備できる点が嬉しい。

宇宙適正は無いので宇宙で出すにはモジュールで移動適正を底上げしたい。ア・バオア・クー内部などは、レーダーが無いと下層か上層のルートを通られて本拠点が攻撃されかねないので、レーダーは必須。

 

ガンダム・ピクシー 注目度★★★

格闘特化型のガンダム格闘戦は光るものがあるが、やはり射撃戦がつらい。

良くも悪くも連邦らしからぬ特化型の強襲といったところか。

個人的にはイフリートの方が使いやすい。

 

ジム・キャノンⅡ 注目度★★★★

連邦唯一のビーム・ライフルFA持ちコスト280強襲。移動性能は低いが、耐久力はあり武装も充実している。

ビーム・ライフルFAに高性能なジム・ライフル、内蔵で攻撃がつなげやすい非スコープ式ビーム・キャノンに頭部バルカン、ビームコーティングシールドが嬉しい。

ビーム・キャノンは2発同時発射タイプで、2発ヒットだとDP400を超える優秀な内蔵武器。

機動力に優れ内蔵マシンガンが優秀なゲルググM、耐久力に優れDP効率の良いビーム・キャノンのあるジム・キャノンⅡという具合か。

足回りは同コスト帯の強襲に劣るので、ジワジワと戦線を押し上げていきたい。

 

ジムⅡ・セミストライカー 注目度★★★★

こちらも優秀なジム・ライフルにビーム・ライフル、頭部バルカンと欲しい武装が揃っている。

ややアーマーが低いが、盾の耐久力が990もあり、特性シールドガーダーで最大500も底上げできる。

こういった機体が無いのがジオンの泣き所だ。

 

ジム・クゥエル 注目度★★★★★

ビームを振り回す独特な格闘が特徴のジム。アーマーも280の中では良く、ビームコーティングシールドで耐久力に優れ、足回りも申し分無い。

ビーム・ライフルに独特な仕様のネットガン(爆風武器ではない)もあり、武装も豊富。格闘も硬直は長いが当てやすく、相手のダウンがとりやすいのも特徴。

また、固有モジュールで制圧強化システムがついてくる大盤振る舞い。

280限定戦の連邦の切り込み隊長はジム・クゥエルになるだろう。

 

 ジム・後期生産型(強襲装備) 注目度★★★★

特性ビームシューターから放たれる3点式のビーム・ガン改良型の威力は強力の一言。

通常のビーム・ライフルもあり、中距離戦がこなせるのもありがたい。

最近のイベントでは過去のイベント配布機をかなり放出しているので、かなり数は揃っているはず。戦場での数は少なくない。

 

ネモ(ダカール配備機) 注目度★★★★★

MAX1309とピクシーに並ぶ機動力があり、ビーム・ライフルにジム・ライフルと武装も充実している。

一部を除き、射撃攻撃中もシールドが発動するなど走攻守揃っているのが特徴。

盾はビームコーティングがあるが、耐久力はやや低め。特性シールドガーダーの場合は強化される。

本機はあのFA-ZZと同時実装の機体なので、これもまた数が多いはず。

個人的には足もあり、武装も良いのが揃っているのでオススメ度はナンバー1の機体。

 

重撃

 

水中型ガンダム 注目度★★★★★

海の悪魔その2。あまりの攻撃力の高さにDP制に移行する時にDPを大幅に抑えられてしまった。

強襲装備より攻撃力は高いが、重撃なので当然移動力で劣る。同軍で水中の重要度が高いマップの場合は、強襲装備の方が良い場合もある。

 

ジム・キャノン(空間突撃仕様) 注目度★★★

炸裂弾と榴弾、頭部バルカンと内蔵武器が充実していて、シールドも装備できる。

ブースト仕様が強襲機と同じで、宇宙専用適正で最高速度はMAX1158と、コスト280の重撃のわりには快適に移動できるのがポイント。

ただし、中距離戦は3点式マシンガン頼みで無重力下の戦闘は苦手。

内蔵武器を活かした特攻をするにも、いささかコストが重たいので悩みどころ。

 

ジム改(宇宙戦仕様) 注目度★★★★

こちらも宇宙専用適正があるので、最高速度はMAX1201とコスト280ではかなり早い。

武装は空凸と比べると中距離戦よりで、超高性能マシンガンであるロング・ライフルが強力。サブにビーム・ガンも装備できるし、頭部バルカンも完備。

重撃BZWも装備できて、狭所でのライン戦でアシストを稼げる。

ビーム・ガンはあるが、重撃ビーム・ライフルが装備できないので火力は重撃の中ではやや控えめか。宇宙専用適正と豊富な武装を活かしたい。

 

ジム改(地上戦仕様) 注目度★★★

こちらはCBZ系の連邦重撃で武装も豊富。が、やはり器用貧乏な感が否めない。

CBZ機として、運用するなら実用的なサブ兵装が充実している他の機体に軍配が上がるかも。

それでも寒ドムやシュナイドに比べると、中距離戦での火力は充実している。

 

ジムⅢ 注目度★★★★★

低コスト版スタークジェガン。低コスト版ながらビーム・ライフルも装備でき、CBZと3種の内蔵爆発武器と武装が充実している。

強い。持ってないけど欲しい。

コスト280代のジオンと連邦の差はUCアップデート後の機体の多さあると(個人的に)思う。

 

量産型ガンキャノン(WD隊) 注目度★★★★

かつてはCBR→炸裂&榴弾コンボでジオンを苦しめた機体も、DP制への移行で戦場から数を減らした。が、それでも重撃BRと内臓コンボの火力は強烈。

かつては複数機デッキに入れていた人も多いので数は多いはず。

結局のところ、連邦の機体の半数近い機体がビーム兵器を所持している。

 

ハイザック 注目度★★★★

所持数の多さからジムⅢよりも出撃数が多いはず。ジオンほど注目度が高くないのが連邦の層の厚さ。

ちなみに足回りはジムⅢと量産型ガンキャノン(WD隊)よりが良い。ただし、アーマーが低い点は注意したい。

 

支援

 

いないです。

 

砲撃

 

量産型ガンキャノン 注目度★★★★

移動力でドム・キャノンに劣るが、こちらはビーム・ライフルで自衛できる。

記事内でビーム・ライフル、ビーム・ライフルとやたら書いてると思うが、実際ビーム・ライフルは強い。

迫撃砲を2種積んで、残りの1枠をビーム・ライフルにすればライン戦で十分戦えるのが強みだ。

 

ジム・キャノン(NA) 注目度★★★★

ジュアッグ(砲撃)と同じ武器攻勢ができて、こちらは緊急帰投が早い。

前線で弾薬の補充ができない以上、緊急帰投の早さは重要になってくる。

装備できる3点式チャージ・ハイパー・バズーカM型は設定ミスかというくらいDPが高い。

1発369(!?)の弾を3発発射して1107。フルチャージすると1発553が3発で1660。

さらに装弾数9なので、リロードを挟まず4~6射目、7~9射目まで発射できる。

威力は控えめだが、面白い武器なので覚えておこう。

 

狙撃

 

ジム・スナイパーカスタム 注目度★★★★

連邦で唯一エントリーできる280狙撃機。コスト300にスナイパーⅡ(ウォルフ)が登場してからは辛い時代だが、280限定戦ならまだまだいける。

が、そのためにはR-4の使いこなしが必須。確実に敵機をいただけるようになっておきたい。

(すいません!狙撃はよくわかりません!)

 

とまあ、こんな感じでしょうか?簡単にまとめますと。

 

・ビーム・ガン、ビーム・ライフルの所持率がジオンに比べると圧倒的に多い。

・シールドの所持率も高く、ビームコーティングシールドも多い。

・特化型の機体を除くと、武器攻勢が似たり寄ったりな機体が多い。

・UCアップデート後に追加された機体がそこそこいて、どれも強い。

 

とまあ、大体こんな感じですね。過去の大会からして対ジオンだけでなく、同軍戦も考えていかないといけません。

それにしてもビーム・ライフル多いなあ。