「ガンダムオンライン」「ガンダムジオラマフロント」の事について、ちまちま書いてます。

280限定戦に備える!ジオン編

運営だよりが更新されましたね。ジ・Oやらなんやらの調整があるらしいのですが、それはそれとして、一番気になったのがコスト280限定戦!

320だったら色々紹介してたから嬉しかったんですけどねえ。それにしても、コスト280は一体どんな機体がありましたっけ?

今回はジオンのコスト280を見てみたいと思います。

 強襲

 

ドム 注目度★★★★

最初期のコスト280強襲。フルオートマシンガンに万バズ、内蔵式のフラッシュビームと攻撃性能が高い。昔EXで金設計図が配られたので、所持している人も多いのではないでしょうか。

最高速度とブースト容量は高いがチャージが低め。ホバーなので、段差がキツいのも注意したい。

 

ザクⅡFS型 注目度★★★

こちらも最初期の280強襲で、長らくジオンの前線を支えてきた機体。

が、現在の仕様では装備がちょっと厳しいかも。フルオートのマシンガンが無く、マゼラトップ砲やバズーカ、ミサイルなどは標準の強襲仕様。

それでも、機体性能は高水準でジオンには少ない内蔵バルカンが嬉しい。機体サイズもジオンの中ではスリム。

 

陸戦型ザクⅡ(フェンリル) 注目度★★★★★

こちらにはフルオートマシンガンがあり、グレネイドは着発やスタンがある。

一見すると、それだけかー…と思うけど、実はこの機体は280限定戦のキーマンになるかも!?その理由は…

なんと支援はコスト280が存在せず、唯一のレーダー機になる。

低性能のレーダーでも、あるとないとじゃ全然違う。設計図を所持している人は開発のご検討を。

 

イフリート 注目度★★★★

コスト280の格闘機。バトルエリアの方の北極では、いまだに見かける機体。

フレピクやナハトが暴れるまでは、これのD2とジムストの格闘移動が流行していた(気がする)

自分はコンカス5にしたけど、D2を全然使いこなせたなかったのでもっぱらD式。

格闘性能はトップクラスなのだが、射撃はショットガン系とバルカンのみなので、中距離戦は注意したい。

 

ラムズゴック 注目度★★★★

280の水陸両用強襲機はラムズゴックだけなので、水中での主力になるはず。

ミサイルが無く、中コストなのでビームに水中ので威力アップが無い。

必殺のヒート・ラムは、現在水中本拠点がオデッサ沿岸やホンコンなどの奥まった潜水艦のみなのも残念。

問題なのは、連邦は水中型ガンダム(強襲装備を含む)が健在な事。

本機を出さないと、水中を連邦に完全制圧されかねないので注意したい。

 

ゲルググM 注目度★★★★★

ジオンの280強襲でもっとも注目されるであろう機体。機体性能は申し分無く、シールドとビーム・ライフルFA、内蔵式の高性能マシンガンと武装も充実している。

特性はビームシューターでの火力増も魅力だし、支援機の回復が無いので制圧強化システムもありがたい。

おそらく連邦の主力はジム・コマンドジム・クゥエル、ネモ(ダカール配備機)になる可能性が高い。いずれもビームコーティングつきのシールドを所持しているので要注意。速射砲の装備を忘れずに。

 

リック・ドム 注目度★★★★★

イベント配布機で宇宙専用機。宇宙専用補正で、その速度はMAX1471と最高クラスの速さになる。

宇宙マップでのジオンの最高のアドバンテージになることは間違いないだろう。

が、装備は通常のドムと共通なので、無重力戦はちょっと苦手。速度を活かしながらマシンガンで戦い、内蔵のフラッシュビームや格闘で敵機を倒すという戦い方も考えておこう。

 

ザクⅠ(ゲラート機) 注目度★★★

ゲルググMとリック・ドムの後だと多少霞む。が、それでも標準的な装備はあり、シールドの耐久値は1170と高い。

特性の現地改修機体は、弾薬の回復ができるので連キルに向くかも。

意外にも(?)宇宙に出撃可能。イフリートや通常のドム、ラムズゴックなどが出撃不能になるので、出番が無いことも無い。自分はFSよりはこちらを使う。

 

重撃

 

ドム(寒冷地仕様) 注目度★★★★

どうにもジオン不利な感がいなめない紹介だが、ジオンには大きなアドバンテージがある。それは、ジムヘやGブルがコストの関係で出撃できないからだ。

つまり、ネットガンが使えるのはジオンだけ。これは、かなりのアドバンテージと言っていい。

 

イフリート(シュナイド機) 注目度★★★★★

こちらもネットガン所持機。寒ドムとどちらを使うかは好みの問題だろう。

追撃能力に優れているし、寒ドムは段差がキツいホバー機なので、こちらのほうが主力になるか。

 

ガルバルディα(重撃装備) 注目度★★★

自分がこのゲームで一番気に入らない機体。CBR全盛の時代に無理やり出した感がいなめない。後から出たゲルググがコスト300なのも、なんとなくムズムズする。この機体にはゲルググよりも上位の存在でいて欲しかった。

それでも貴重な重撃ビーム・ライフル所持機体なので、火力はある。

 

高機動型ザクⅡ(3S仕様) 注目度★★★

どうしてもネット持ちの2機に比べると、やや見劣りする。が、こちらは宇宙に出撃できる。

連結バズーカは各種1発のDPが285もあり、2発ヒットで570を超える。W型で爆風を撒き散らすのも面白い。

問題点があるとすれば入手方法か。金設計図にプレイボーナスチケット30枚はちょっと厳しい。

 

ハイザック 注目度★★★★★

連邦とジオンに同性能で実装されている機体。おそらく、本大会のキーマンになるだろう。

ガルバルディ(重)にはない内蔵6連ロケット・ランチャーで追撃能力に優れる。

ビーム・ライフル所持の少ないジオン希望の星だが、同性能のものが連邦にもある。さらに、連邦はビームコーティングシールドを装備している機体が多数いる点も気をつけたい。

それでも最近のイベント配布機なので、数は多いだろう。今回のイベントはこの機体に合わせた可能性が…?

 

支援

 

いないです。

 

砲撃

 

ドム・キャノン副砲装備 注目度★★★★

本大会は砲撃機がキーマンになるはず。なぜなら、対空砲が無いから。

機動力に優れ、高速で戦場に駆けつけられる本機は敵の炙り出し、補給機の破壊、拠点制圧や防衛の支援で活躍できるはず。

それにしてもコスト280はドム系が多い。

 

ザク・タンク(グリーンマカク) 注目度★★★★

前線にポッドがないと言うことは、機体が燃えてもすぐに鎮火できないという事。

焼夷榴弾Wが装備できるので、迫撃砲での支援のみならず榴弾での援護ができる。

ただし、自機も補給には難儀する。緊急帰投補助モジュールを装備してもいいかも。

 

ジュアッグ(砲撃装備) 注目度★★★★

砲撃3機の中でもっとも迫撃砲の性能が優れている。が、一番弾切れも早い。

迫撃の能力は高いので、中・長距離での援護に徹したいところだ。

水中適正もあるが、本機とラムズゴックだけで水中型ガンダムを止めるのは難しいかも。

 

狙撃

 

ザクⅡF型(狙撃装備) 注目度★★★★

ジオンで唯一エントリーできる狙撃機。機体アーマーがインフレしつつある昨今だが、コスト280ならチャージ・ビーム・スナイパーライフルFでも7~8割の大ダメージは与えられる。

が、連邦軍は盾の所持率が高く、ビームコーティング所持の機体が多い。

追撃に連射強化型ビーム・スナイパー・ライフルを装備したほうがいいだろう。

 

以上です。簡単にまとめますと…

・水中適正を持つ機体がラムズゴックとジュアッグ(砲)のみ。

・万バズ所持機体は多いが、ビーム系の所持率で連邦に劣る。

・連邦はビームコーティングシールドの所持率が高い(ジオンは0機)

・ネットガンが仕様できるのはジオンだけ。

・レーダーはフェンリルとナイト・シーカーの強襲用レーダーだけ。

 

と、言ったところでしょうか。これは厳しい戦いになりそうですね!

特に水中は壊滅的です。魚雷で弾幕もはれない以上、一瞬で偏光ビームライフルに溶かされそうです。

ドムの最高速やネットガンの利点を活かしたいところですが、バシバシとビームが飛んでくると思うとそれも難しそう。

あと、ジオンの中~低コストって一年戦争機の機体ばっかりなんですね。連邦はセミストやらネモDやらいっぱいいるのに。ジオンは280だとハイザックくらいです。

これは今回も決勝は連邦同軍になるかもしれませんね…。