「ガンダムオンライン」「ガンダムジオラマフロント」の事について、ちまちま書いてます。

180mmキャノンとマゼラ・トップ砲

その昔、マゼラトップ砲と言えばCBRと並ぶ撃ち落とし武器でした。
F型なら飛んでる敵はバランス196までは撃ち落とせ、ロケシュ3なら246、ロケシュ5なら270までは叩き落とせました。(昔の事なので、記憶は曖昧ですけど…)
マゼラトップ砲は多くの機体の金設計図限定武器となり、バズ+マゼラといえば良機体の代名詞になりました。めでたしめでたし…。
そして、現在はというと…?

 まったく(ってほどでもないけど)見ないです!

使用されてるのはZやバウの内蔵2点式か、メイン射撃から切り替えのないギラ・ドーガ系のやつくらいじゃないでしょうか?

 

その原因は…。

 

1.DPが低い!

F型でなんと201DP。直撃を狙うタイプの武器とはいえ、現環境でこれは低すぎます…。

2.連射がきかない!

マガジン数はN3、M7、F2。発射間隔も長く、DPの蓄積もほぼ見込めません。

3.火力も低い!

Fの威力は4500。これも装甲と火力がインフレしつつある現環境に適してません。

そもそも7000強襲BZFすら、今は冷や飯食いの時代ですからね…。

4.持ち替え時間が長い!

基本的に長物の武器なので、装備の取り出し時間が長いです。内臓タイプが使われるとこを見ると、これがかなりネックですよね。

5.重い!

強襲だとNで450、Fで560程度です。ブーストボーナス貰ったほうがいいですよね…。

 

うーん。なんとも、装備するメリットの低い武器ですねえ…。

 

一体ここからどんな修正を加えれば現環境でも使える武器になるんでしょうか…?

CBRやSG(BSG)と一緒で冬の時代ですねえ。

下は220のザクⅡF型、200のザクⅡが持ってるので、飛び抜けて強力な武器にしたくないという意図を感じます。

そのDP制自体、一瞬で装甲を溶かすような高火力武器や妨害系の装備がじゃんじゃん出てきて、形骸化しつつあると思うんですけどねえ?