「ガンダムオンライン」「ガンダムジオラマフロント」の事について、ちまちま書いてます。

200~260強襲はなにがいいか考える

高コストや中コストに比べると、当然ですが性能や火力が劣る低コスト強襲。でも、デッキが重たくなると1枠は入れておきたい…。なんて場面がそこそこあるので、今回もwikiを見ながら考えてみます。

COST200

ジム

標準的な武装は揃っているものの、機体性能は当然最低コストなので最低クラス。標準的なマシンガンと連邦の標準ビームサーベルが装備できるので、近距離での火力は十分確保できる。ただしビーム・スプレーガンは低コスト仕様なので、今の環境には合わないかもしれない。特性は断然グレネイドスロワーだろう。低コストなのでモジュールがガンガン装備できるので、遠投仕様にカスタマイズすることができる。初期機体は設計図の入手が簡単なので、特性の厳選をおすすめしたい。

 

COST220

アクアジム

連邦の水中用機体。水中戦の長引くマップであれば、デッキに入れておきたい1機。機体性能は低めだが、水中では機動性がアップするので快適だろう。武装はややインファイトよりだが、炸裂式ハープーンガンSなど中距離から当てていける武装もある。防御面に関しては、特性水中装甲に防御系モジュールを組み合わせることで、かなりの底上げができる。また、ハンドアンカーのようなスタン系の武装も決まれば強力なので、最初期実装の機体ながらまだまだ現役。残念なのは、水中主体のマップが最近配信されない事だろうか。

ジム寒冷地仕様

3点式のマシンガンから切り替え無しで発射できるグレネードランチャーを装備できる機体。バズーカも同時に装備できるので、火力は高い。低コストなのを活かしてバズ→グレ→3点や、3点→グレ→バルカンなどガンガン前に出て、乗り捨てて使っていくのがベストだろう。特性の厳選は課金機体なので難しいがロケットシューターなら火力増、現地改修機体なら継戦能力のアップ、コンバットカスタムなら格闘ワンチャンの確率アップと捨てるところは少ない。モジュールスロットは少なめの4枠なので、やはり使い潰す運用をしたい。

ジムⅡ

ジムから最高速度が100も伸びており、MAXで1265とかなり強化できる。他の性能こそジムに毛が生えた程度の強化だが、最高速度の低さは低コスト運用時にかなりストレスが溜まる要素なので、220で中コストクラスの速度が出せるのは破格と言っていい。装備は近~中距離で安定して攻撃できるSAビームライフルがあるのも頼もしい。Zガンダムのおまけ枠なので、所持している人も多いはず。ぜひとも使ってみてはどうだろうか?

 

CST240

陸戦型ジム(強襲装備)

標準的な連邦強襲に、180mmキャノンを装備させた機体。素のアーマー値は高いが、他に特筆すべき点は無いか。ミサイルランチャーも装備できるが、性能が強襲仕様なのでいささか心もとない。半端に中距離に対応しても重撃に劣るので、インファイトで使うべきだろう。

ネモ

ジムⅡと同じく速度1100と、MAX1265まで伸びる。アーマー値は控えめだが、ビームコーティングされたシールドを装備できるのが特徴。武装ガンダム試作4号機と同じ連射型ビームライフルがDPとDPSに優れ現環境にマッチしている。SAビームライフルに加え170mmキャノンが装備できるので、これでは陸戦型ジム(強襲装備)の立つ瀬がない。こちらも百式の同梱なので所持してる人は多いだろう。ジムⅡと同じくおすすめしたい。

ジム指揮官用

こちらも速度1100のため、MAX1265まで伸びる。装備はマシンガンを高威力なものにして、バズーカを無くしたジムと言ったところか。さらに格闘はビームサーベル二刀流系が装備できる。ただしガンダムなどの上位強襲とは違い範囲に癖があるので、難しいと思ったら通常のビームサーベルを装備するのがいいだろう。このコストでは十分な足回りなので当てに行ける。

ジム・キャノン(WD隊仕様)

上記の2機より足回りこそ悪いものの、アーマー値は陸戦型ジム(強襲装備)より高い。内蔵の精密射撃と榴弾が同時に装備できるので、火力は悪くない方。3点マシンガンやフルオートマシンガンを軸に、内蔵の精密射撃や榴弾を撃てば近中距離の支援はできる。モジュールなどは装備せず、どんどん使い潰していくのがいいだろう。

 

COST260

ジム・ライトアーマー

コスト260ともなると、最高速度1300の壁を超える…!が、アーマーは最低クラス。ブーストはチャージが高いが、容量は低い。総じて癖の強い機体性能だが、上位のグレネイドを装備することができる。緊急帰投性能も高いので、補給も容易なのが嬉しい。正面からの撃ち合いは避け、グレネイドを軸に戦っていくのをおすすめする。ここまでアーマーが低いと爆風で死にかねないからだ。

デザート・ジム(強襲装備)

最高速度は低めだが、アーマーと容量は高い。シールドは無いが、MAX2645まで伸びる高いアーマー値で押し切れる事も多い。装備はこのコスト帯では珍しく、高威力版マシンガンのF型が装備できる。ややインファイトよりの運用をしたいが、コスト260なのでCTと相談したい。

ジム(WD隊仕様)

性能こそ控えめだが本機の最大の特徴は、上位クラスのビームライフルを装備でき、特性ビームシューターで火力のアップが見込める点。装弾数こそ減少しているものの、近中距離では破格の攻撃力を有している。他の装備も連邦の標準的な物が揃っているので、260の代表格と言っていいだろう。他が尖りすぎなだけか。

陸戦型ジム(レイス仕様)

WDよりブーストチャージが高い。が、それだけ。武装も単式マシンガンがやや珍しいくらいか。ビームサーベル二刀流を持つが、やはり上位コストに比べると癖が強い。スレイブレイスと同じく、趣味の機体なのかもしれないし、そうじゃないかもしれない。

ジム・コマンド(モルモット)

特化型のライトアーマーやデザート・ジム(強襲)に対して、こちらは純粋に各能力が高性能。さらにイベント配布のエクストラ機体なので、マスターメカニックチケットの大成功率が100%と機体の強化もしやすい。が、武装が今の仕様と微妙にマッチしていない。フルオートの射撃武器がバルカンしか無く、中距離で安定した火力を出せる武器が3点式マシンガンとユニーク武器の出力強化型ビームガンしかない。このビームガンが爆風の無い180mmキャノンと言ったところか。持ち替えや弾速が優れる(らしい)が構え中はシールドが機能しない。さらに相手にビーム耐性があると火力減してしまう。機体性能は良いのに、武装が残念なタイプ。

 

うーん。やはりZアップデート後のMSは強いですね。やはりジムⅡとネモが同コスト帯で頭一つ抜けています。やたらセミオートのビームライフルを押していますが、当然ビームライフルをペチペチ撃つだけなら初期ジムの方が強いです。機動力を活かして、相手と1:1のトレードをしたいですよね。そこで重要になるのが、やはり最高速度。低コストで足回りがよく、火力もそこそこなジムⅡとネモが際立つ低コスト帯でした。